カテゴリー
products

サッドガード 乳幼児用ヘルメット

color variation
ブルー ラベンダー

商品名
Thudguard サッドガード 乳幼児用ヘルメット
商品説明

おでこゴチン!を防ぎたいベビーに 可愛く頭を守ります

●英国で開発された乳幼児の頭部をガードする「ハイハイヨチヨチ専用ヘルメット」
世界45ヶ国で計30万個を売り上げている世界標準のヘルメットです。

●ハイハイやつかまり立ちをするベビーの頭部を日常のケガやゴツンとぶつける衝撃から保護するように設計されています。

●95gと軽量でベビーの首に負担をかけません。

●耐久性テストを受けた1.2cm厚みが衝突や転倒による衝撃を和らげたり、吸収してくれます。

●サッドガードは英国貿易産業省の身体保護用具を対象にした安全基準DTI PPE Category II (89/686/EEC)に準拠しています。
また、SGS試験(BSEN71 / 2 & 3)において、科学試験、燃焼性試験、抗菌性試験に準拠しています。
サッドガードは、世界でも類にない特別な英国の衝撃試験仕様を生み出したヘッドガードです。室内のラジエーター、テーブルのパイピングに使われる鉄床やコンクート製の床板、家具などにヘルメットがぶつかった時の衝撃や屋内と屋外あらゆる場所で起こりえる事故例を事細かくまとめた衝撃試験仕様です。
サッドガードは、特別に作成された衝撃試験仕様に準拠する唯一のベビーヘッドガードです。

●対象年齢は7か月頃~2歳頃(頭囲:40~50センチ)。この月齢からヘルメットを着用する習慣をつけておくことで、自転車用ヘルメットの着用を嫌がりにくくなります。※サッドガードは自転車用ではありません。

●ヘルメット本体が前後左右4枚のパーツに分かれているので頭部の形に柔軟にフィットし、通気性を確保します。やわらかいあごひものマジックテープでサイズ調整が可能。成長して大きくなった頭部への圧迫を軽減します。

●通気性を保つための穴がヘルメット全体にあり、熱がこもるのを軽減します。
※長時間装着すると内側に熱がこもってしまいますので、常に注意を払ってください。

●柔らかな素材でできた動物のような耳は、ベビーが動くたびに揺れてとってもキュート!

●世界中の専門家の監修とお墨付きを受けています。
☆BFIアワード2002ファイナリスト(イギリス女性発明家の祭典)
☆John Logie Baird Award ファイナリスト(イギリスの発明コンテスト)
☆Lawson E. Stuart カリフォルニア/アカデミック プログラム/エグゼクティフ ゙ディレクター
☆John Heyworth イギリス救急医療協会 会長

【よくある質問とお取り扱い上の注意】

・赤ちゃんがヘルメットに慣れるまで多少時間がかかる場合があります。

・【絶対に】装着中のベビーをひとりにして、その場を離れないでください。

・ハイハイ、ヨチヨチベビーの頭を保護する以外の用途でのご使用はできません。

・サッドガードは自転車用ヘルメットではありません。

生産国
中国
素材・材質
ポリエステル、ライクラ、ナイロン、フォーム
本体サイズ/重量 (約)
(約)横幅170 × 奥200 × 高さ200 mm/(約)95g
パッケージサイズ/重量(約)
(約)横幅200 × 奥220 × 高さ200 mm/(約)100g
セット内容
注意点

※サッドガード」は面倒見の良い保護者の代理ではありません。【絶対に】装着中のベビーをひとりにして、その場を離れないでください。
※「サッドガード」はベビーの頭部を軽度の衝撃や怪我からは守りますが、重大な転倒をしてしまった場合は頭部の損傷につながる可能性があります。ベビーの頭部の負傷や上記の症状が疑われる場合は、すぐに専門医の診察を受けてください。
※サイクリング、スケート、スケートボード、登山、火の近く、睡眠中の使用を禁止します。
※「サッドガード」には適切な開口部が設計されていますが、長時間装着すると内側に熱がこもり、ベビーに不快感を与えてしまいますので、保護者は常に注意を払ってください。特に気温の高い日には【絶対に】「サッドガード」をかぶったまま眠らせないでください。運動中に汗をかくことは良いことですが、十分な水分補給をし、日陰で休憩するよう促しましょう。
※ベビーの体調が良くないときや熱があるときは使用しないでください。
※「サッドガード」は自転車用ヘルメットではありません!それに類する目的での使用はできません。
※「サッドガード」は軽度な衝撃や怪我を減らすことのみが可能です。ヘルメットの開口部は頭部を完全にはカバーしません。
※「サッドガード」はきちんと装着した場合のみ頭部を保護して、ベビーに安心感と心地良さをもたらします。装着する時、ベビーの耳を覆ったり視界が狭まらないよう確認してからあごヒモを調整してください。おでこを保護するためにも、「サッドガード」を後頭部にずらしすぎないように注意してください。
※万が一、「サッドガード」が重大な衝撃を受けてしまったときは廃棄してください。「サッドガード」はいかなる場合もケガから守ってくれるわけではありませんし、ベビーの監視員でもありません。ごくまれな頭のケガにのみ備えるためのものです。
※「サッドガード」の一部を取り外して改造することは非常に危険です。【絶対に】改造しないでください。

付属品
日本語取扱説明書
推奨年齢
7ヶ月~2歳頃まで(頭囲:約40~50cm)
取り扱い店
関連ページ準備中です…