『うつぶせ寝』は賛否両論!?

mbook_pic_001

近年発表された、『うつぶせ寝』へのリスク

生まれて間もない赤ちゃんの「うつぶせ寝」には賛否両論があります。
うつぶせ寝のほうが寝つきが良くなる、とか頭の形が良くなるからと言った
昔からの意見がある一方、近年では乳幼児突然死症候群(※SIDS)を
引き起こす可能性が、各専門家から指摘されております。

SIDSの原因は、現在においても完全に確定はされていませんが、
厚生省が平成9年に発表した『乳幼児死亡の防止に関する研究』の中で
『留意することにより、SIDSの発生リスクの低減が期待される育児習慣』のうちの一つに
うつぶせ寝を避ける事が明記されております。

うつ伏せじゃないと嫌がる赤ちゃんが心配…

ただ、「うつぶせ寝じゃないと嫌だ!」という赤ちゃんもいますので、
見ている保護者の方も、大変です。
月齢の小さいうちは寝返り防止クッションなどで対応される方もいらっしゃいますが、
首がしっかり座って、自分で寝返りを打てるくらいでしたら少し様子を見てもいいかもしれません。
それでも不安なようでしたら、信頼出来る小児科などへご相談されることがお勧めです。

※こちらでご紹介している全ての事例に関しましては、安全性を十分に考慮し、ご自身の責任のもとで行ってください。